小規模水力発電事業

分散型クリーンエネルギー

資源としての純国産・再生可能かつ分散型のクリーンエネルギーの供給源として期待されている小水力発電を地域の方々との連携によって運営する発電事業です。
日本の地理的要素に適した地域資源を利用した発電により、本質的な地産地消を目指します。

環境面への貢献

(1)環境負荷が小さく、かつ分散型システムに親和的な再生可能エネルギーとなります。
(2)水の自然循環を利用しているためにCO2や廃棄物を出さない、クリーンなエネルギーです。
(3)太陽光、風力とは異なり、季節や時間帯によらず安定的に発電が可能です。

分散型電源

(1)小規模の発電設備で消費地に近いところで発電を行う『分散型電源』となることで供給リスクの低減が可能です。
(2)燃料が不要であるため、輸入燃料などに頼ることのない「純国産エネルギー」です。また、雨量が多く、急勾配河川が多い日本風土に適した発電方法です。

私たちが大事にしていること

森林資源=「持続可能な社会」での中核的資源であるということです。
●地域にある分散型資源・地域経済活性化に貢献します。
●有事の際に頼れる熱資源です。
●再生可能資源による循環配慮型エネルギーです。
●代替燃料→温暖化防止(カーボンニュートラル)となります。
 

おとい合わせ