sub_top_tecster

水を通すことでカルシウムやマグネシウムを取り除いて軟水にする装置です。tecster

現代の環境汚染を考え、本当に安全・安心な水を供給して欲しいという要望に応え開発しました。

生成された軟水は抗菌力が強く、皮膚の細胞活性を助け、本来の人間の自然治癒力を高めます。

 

 

 

軟水のいろいろな用途

浴室では・・・硬度分を吸着させて代わりにナトリウムイオンを放出します。よってマイルドな湯質に変化し、湯上りのポカポカ感が長持ちし、お肌がすべすべになります。

洗顔・洗面等では・・・硬度分のない軟水になると石鹸のカスが出にくくなり、泡立ちが良くなります。皮膚の代謝が良くなり、保湿力のUPに繋がります。特に赤ちゃんなどの敏感肌やアトピー性皮膚炎の方には効果抜群です。

お洗濯では・・・汚れが良く落ち白いものは真っしろに、しかもふんわりやわらかに仕上がり衣類の繊維を傷めません。

料理や飲料では・・・本来の味を引き出し、素材の良さを引き立てます。

特徴・ランニングコスト

・1日に約400リットルの御使用で約2週間軟水能力が持続します。
・5年以上の耐久性を持つイオン交換樹脂、しかも電気いらずで経済的。
・豊富なアダプターセットで取り付けが容易。
・100℃まで通水可能。
・JIS S 3200-7適合のイオン交換樹脂
・手間は約2~3週間に1度イオンリチャージを本体に注ぐだけです。
・ランニングコストは、月々2回分のイオンリチャージャの費用のみになります。

軟水製造装置の仕組み

tecster_feature_01

よくあるご質問

Q. そもそも軟水器って何?


水道水をイオン交換樹脂に通すことにより、カルシウムやマグネシウムを取り除いて、軟水にするものです。

Q. 軟水・硬水・硬度とは?


水に含まれるカルシウム・マグネシウム等の金属イオンの含有量を硬度と言い、低いものを「軟水」高いものを「硬水」と呼びます。(炭酸カルシウムの量に換算して表します。)

Q. ミネラル成分のカルシウムやマグネシウムを取り除いてもいいの?


大丈夫!水道水に含まれているミネラル成分は、無機質なミネラルである上、1日当たりの必要摂取量のわずか2~5%程度に過ぎないのです。大半は吸収の良い有機質ミネラル成分を食材から摂取できます。

Q. 硬水のままだとどうなるの?


一番風呂がチクチクする。肌荒れや石けんの泡立ちが悪い。湯あかがすぐつく。洗濯物がゴワゴワするなどがあります。日常生活によくありがちですが、これらは硬水の仕業です。

おとい合わせ