バイオマス発電事業

バイオマス発電による地域経済と森林資源の連携

地域・森林連携エネルギー創出プロジェクト

地域循環型・地産地消型のエネルギーとして期待されている森林間伐材などの燃料として利用する発電事業です。
市町村および地域森林組合をはじめ、地域の方々との連携によって運営し、生まれたエネルギーの一部を地域へ循環還元すること(ヒート・シェアリング)によって、経済面・環境面・社会面で地域活性化を図ることができる企画です。

社会的な活性化

(1)木質バイオマス燃料の安定・大量生産が必要となることによる林業における雇用の創出が可能です。

(2)6次産業化された農業・林業など新事業の雇用からの人口の拡充・若手人材の流出を抑制できます。

環境面への貢献

(1)間伐材の計画伐採が可能となることで、肥えた森林化につながり、森林の単位面積あたりのCO2吸収量の増加が期待できます

(2)現在、温浴施設が使用している化石燃料から、木質エネルギー熱を「ヒート・シェアリング」熱利用への転換することでの代替であるCO2の削減が可能です。

経済効果

(1)温浴施設が使用している化石燃料から、木質バイオマス発電からの余剰熱を利用する「ヒート・シェアリング」により、燃料費および冷暖房費用の大幅削減が可能です。

(2)木質バイオマス燃料の生産の拡大から派生する木質燃料の外販や、6次産業化が確立した場合、農業・林業による地元の収益アップが可能です。

林連携でのエネルギー創出

地産地消のエネルギー源として森林を利用し、自然との調和・共生を考え、里山を守りながら循環型かつ持続可能型のエネルギーを創出します。