• 電話にて問い合わせ
    045-319-4200 (営業時間 平日 9:00〜18:00)
アイコン アイコン
モデル モデル

テクノシステムはSDGs経営を進めています。

テクノシステムはSDGs経営を進めています。

About us

“世の中に必要とされるものを製品化して社会に貢献したい”

という思いから私たちテクノシステムは

食 / Food 食 / Food

食 / Food

水 / Water 水 / Water

水 / Water

エネルギー / Energy エネルギー / Energy

エネルギー / Energy

へと事業を展開しました。
さらに日本のみならず、世界中の人々の暮らしに役立つような企業を意識してきた結果として、SDGs (持続可能な開発目標) の理念に通ずる取り組みとなってまいりました。
持続可能な社会へ向けて、これからもテクノシステムの挑戦は続きます。

What’s SDGs?

SDGsとは?

2015年9月に国連サミットで採択された国際社会の共通目標「Sustainable Development Goals」の略称で、
「安全な水とトイレを世界中に」など17に及ぶ「持続可能な開発目標」が盛り込まれています。このSDGsが目指す方向性は、テクノシステムが目指す方向性に通ずると認識しております。

2030年を年限とする「誰一人取り残さない」持続可能で
多様性と包摂性のある社会の実現のために
テクノシステムが展開する事業をご紹介いたします。

What’s Techno super city ?

テクノスーパーシティ構想

テクノスーパーシティ構想 テクノスーパーシティ構想

“AI x IoT x Block Chain x テクノ循環型システム” を通じてサイバー空間とフィジカル(現実)空間を高度に融合させたシステムにより、経済発展と社会的課題の解決を両立する人間中心の社会(Society 5.0)のロールモデル型都市を構築し、新たなる経済社会の姿を具体的に提示し、SDGs(持続可能な開発目標)の17目標の実現を同時に体現する未来都市の先駆けとなる街を登場させるプロジェクトです。

次世代スマートホーム
無人小売キャッシュレス
(Fintech)

循環型エネルギー・水を活用したスマートホーム、無人小売店舗

再生エネルギー
地産地消モデル

クリーンエネルギーを活用した排出権取引
ブロックチェーンを活用したP2Pモデル

循環型農業
地元食の提供

発電副産物を農業に活用
地場食の提供、備蓄スマート農業の導入で生産力向上

淡水化事業

海水・地下水を飲料水に転換
シティ内各戸に供給生活排水浄化でプール付き戸建てを供給

分野間データ連携

遠隔医療・介護

次世代ヘルスケアシステム構築

遠隔教育
AI解析者育成学校

全ての住民に世界最先端の教育を「デジタル革命」人材の育成

自動走行・配送
MaaS

どこでも移動・ 配送可能

PDCE避雷設備

減災

分野間データ連携

次世代スマートホーム
無人小売キャッシュレス
(Fintech)

循環型エネルギー・水を活用したスマートホーム、無人小売店舗

再生エネルギー
地産地消モデル

クリーンエネルギーを活用した排出権取引
ブロックチェーンを活用したP2Pモデル

循環型農業
地元食の提供

発電副産物を農業に活用
地場食の提供、備蓄スマート農業の導入で生産力向上

淡水化事業

海水・地下水を飲料水に転換
シティ内各戸に供給生活排水浄化でプール付き戸建てを供給

遠隔医療・介護

次世代ヘルスケアシステム構築

遠隔教育
AI解析者育成学校

全ての住民に世界最先端の教育を「デジタル革命」人材の育成

自動走行・配送
MaaS

どこでも移動・ 配送可能

PDCE避雷設備

減災

上記構想に加え、リアルタイム個人計測データなど、ビッグデータによるAIの活用や災害や犯罪などに対応するためのセキュリティーセンターによる危機管理体制なども展開予定です。

ビッグデータ解析によるAIの活用 ビッグデータ解析によるAIの活用

ビッグデータ解析によるAIの活用

セキュリティーセンターによる危機管理体制 セキュリティーセンターによる危機管理体制

セキュリティーセンターによる危機管理体制

この循環型ビルは横浜を皮切りに15棟ほど建設を着工しており、今後全国に広げていく予定です。
さらにその延長線上には、循環型システムを備えたテクノスーパーシティ構想を全国の自治体に打ち出していきます。
3つのコア事業に加え、AIやIoT、ブロックチェーンといったテクノロジーを持つパートナーとの
強みを生かすことで、SDGsの17の目標をすべて実現できる街づくりです。
私たちはテクノスーパーシティ構想を通じてパートナーが集い、SDGsを推進させていきたいと考えています。