• 電話にて問い合わせ
    045-319-4200(営業時間 平日 9:00〜18:00)

テクノシステムの事業について

人々の生活をより豊かに

わたしたちの暮らしに欠かすことのできない、「水」「食」「電気」。しかし世界には水不足で命を落としてしまう国があり、電気が通っておらず最低限の暮らしが送れていない地域も数多く存在しています。そのような世界情勢の中で、本当に〝必要とされるもの〟を製品化していきたいという思いからテクノシステムの事業が誕生しました。

ビジネスをすると共に社会貢献を果たし、
さらに人々から必要とされるものを日本のみならず
海外でも展開できるようになりたい。

そのビジョンをもとに、テクノシステムはこれからも生活に必要な水・食・電気によって、世界中の人々へ安心・安全な生活を提供していきます。

テクノシステムの事業領域

テクノシステムを支える3つの事業 「水」「食」「電気」

テクノシステムを支える
3つの事業

2009年の設立後、最初に手掛けたのは「水」の事業でした。 ポンプの圧力を使い海水や泥水を飲料水に変えるウォーターシステムを開発。

その際役立ったポンプ技術を今度は人々の暮らしを支える「食」の分野にも転用できないか考え、開発されたのが今やコンビニエンスストアやアミューズメント施設にも導入されている「デリシャスサーバー」です。

そして、2016年「再生可能エネルギー法案」の公布を機に、「水」「食」の両事業で活用した太陽光発電の事業へ進出。〝人の生活に必要な企業でありたい〟という強い思いから、現在のテクノシステムを形成する「ウォーターシステム」「フードシステム」「再生可能エネルギー」という3つの事業が生まれたのです。

テクノシステムを支える3つの事業 「水」「食」「電気」

技術の力で実現する循環型社会

太陽光、水、風、など自然の恵みから得たエネルギーを電力として私たちの暮らしへと役立て、家庭から出た生ごみはバイオマス発電の燃料として活用。そして生活排水や海水は、浄水装置・淡水化装置を使って安全な生活用水へ。このように「自然のエネルギー」と「技術」を掛けあわせることで、環境に負荷の少ない循環型社会を形成することができます。地球温暖化や人口増加、エネルギー資源の枯渇など環境問題が深刻化している現在、資源循環型社会の構築が必要であるということは言うまでもありません。

テクノシステムは、「水」「食」「エネルギー」の三分野の技術を駆使し地球に優しい循環型社会づくりを推進する、〝バイオエコロジーカンパニー〟です。環境への調和をめざして、より豊かな暮らしの実現に向け積極的に取り組んでいきます。

技術の力で実現する循環型社会