海水用淡水化装置 RESCUE WATER-SEA

1日で最大1.5トン(約500人分)の飲料水を造ります。

RESCUE Water-SEAとは

海水に特化した淡水化装置です。
軽量・コンパクトのため、必要な場所へ簡単に設置することができます。

1. 逆浸透(RO)膜で浄化

低圧高分子膜(RO膜)の採用でウイルス、一般細菌、大腸菌、イオン、貴金属、トリハロメタンなどの除去します。

2. 原水

海水を原水として、安全な飲料水を造ります。

3. 造水量

1日(24時間)で最大1.5トンの飲料水を造ります。
災害時に必要とされる飲料水は1人当たり3〜4ℓと言われていますので、約500人分に相当します。

4. 運転電源

家庭用電源AC200V(3相)5kw仕様です。
停電時には、付属(別売)の発電機で運転します。

5. 処理水質

処理水質は、水質モニターで確認できます。
また、亜塩素酸ナトリウム溶液を注入し、減菌できます。

RESCUE Water-SEAの仕様

処理水量:60ℓ/hr
前処理フィルター:糸巻きフィルター5μ(活性炭フィルター)
ROモジュール:4低圧高分子膜

重量本体:120kg 発電機:30kg
モジュール本数: 4B 2本
減菌機能:次亜塩素酸ソーダ注入方式
寸法:W1200×D1000×H1000
電源:AC200V×5KVA(3相)